ダーティ掃除人ノート: レモンについて

2016年3月30日水曜日

レモンについて

本日の多摩川ジョギングは,矢鱈と風が強かった。

むきになって,一方向に吹き続けているような風だった。

すれ違う自転車の鈴の音も,引っ張られて変な音程に変化した。

ここ数日,無風の中で走っていたようにおもうので,えらくストレスを感じた。

そのストレスとむきになって張り合って走るのが,なにやら馬鹿らしくなり,最後は歩いた。

桜は半開で,そうか,この風で散ってしまう桜もあるな,というようなことを考えた。

何故だか,梶井基次郎のレモンのことを考えた。

少年らが吠えながら追いかけあっていた。

まぁ,春ということだなと気づき,レモンのことを考えた自分を,なにやら場違いに思った。

もっと様々なことを考えたり,思ったりしたけれども,夜ごはんを食べてるうちに忘れた。

追伸 漢字で書けないので,あえて「檸檬」をレモンとしたけど,漢字でないと雰囲気でませんな……